仕手株のメリットとフジクス、ノバルティス

仕手株を見極めることで、適切に運用すれば利益を得ることができる株式の銘柄のことです。仕手株は仕手と呼ばれる集団が、大量の資金を使って株価を意図的に操作することによって短期的に利益を得るというもので、このタイミングに合致すれば短期間で利益を出すことができます。実際にどれが仕手株で、仕手のターゲットとなっている銘柄を知るのは困難ですが、一定の特徴として過去のチャートで、突出して上昇して降下しているものがあります。特に決算期を外していたり株価を左右する情報が出ない場合などに発生しているものは仕手株の可能性が高いものです。仕手株は上場している銘柄でも多数ありますが、仕手集団が狙うものとしては上場している企業のほかにも未上場の企業もターゲットとしている場合があります。

フジクスは1969年に設立された企業で、主にウォータージェット工法による業務やリフォーム業務を行っている会社です。具体的な内容としては、あらゆる場所での高圧洗浄のほか配管の設備リフォーム、また環境衛生事業として霧状の消臭剤を散布するミストオアシスなどを行っています。
一方でノバルティスはスイスに本社を置く、製薬会社およびバイオテクノロジー企業になります。日本法人ではノバルティスファーマの名称で知られますが、国内での証券取引所には上場していません。しかしノバルティスそのものはニューヨーク証券取引所に上場しており海外証券取引を利用できる環境であれば購入することができます。ノバルティスの事業内容は幅広く医療用医薬品や医療機器のほか、薬店で販売される一般医薬品や動物用医薬品、健康食品、コンタクトレンズなどを扱っています。特にグローバルに展開しており今後も成長が期待できる製薬会社です。